北京市文化観光局が管理?運営する非営利的なウェブサイト

連休は北京周辺へ!河北省のおすすめ観光スポット

1619784066

 河北省は観光資源が豊富で、北京から車でわずか2?3時間程度なので、ドライブにはとても便利です。ここでは、中国に現存する最大の古典的な王宮庭園と、歴史と文化に富んだ紅色旅行経典風景区があり、大規模な王宮の陵墓群と自然景観の美しい山岳景勝地もあります。ゴールデンウィークの連休は、河北省に来て遊びましょう!

 徳避暑山荘と周辺の寺院

 承徳避暑山荘は、承徳離宮という別称があり、熱河行宮とも呼ばれ、清朝の皇帝が夏季に避暑し、政務をとるところです。これは、清王朝の皇帝が中国の国境地帯の少数民族を慰め団結させ、国家の統一を図るという政治的目的を達成するために建設した避暑地です。避暑山荘は1703年に建設され、清の康煕四十二年(1703年)に着工し、乾隆五十七年(1792年)に峻工した、総面積は564万平方メートル、えんえんと起伏する塀は長さ10キロもあり、中国に現存する最大の古代帝王の行宮です。

 承徳避暑山荘は、かつて中国清王朝の皇帝の夏の離宮でした。この景勝地は、北京から180キロ離れており、皇居、王室庭園、そして壮大な寺院で構成されています。避暑山荘の建築様式は、は宮殿区と苑景区の二大部分に分かれ、苑景区は湖洲区、平原区、山巒区に分けられます。内部には康熙乾隆帝が定めた「72景」があります。殿、堂、楼、館、亭、榭、閣、軒、斎、寺などを含む百以上の建物があります。中国三大古建築群のひとつとして、最大の特徴は「山の中に庭があり、庭の中に山がある」ということです。数多くの歴史文化遺産が存在するため、避暑地とその周辺の寺院は、国家重点文物保護単位、国家十大名勝、四十四名勝保護区の一つとなっており、承徳市は全国で最初の二十四の歴史文化都市となっています。承徳避暑山荘は、北京の頤和園、蘇州の拙政園、留園と並ぶ中国四大名園としても知られています。

 住所:中国河北省承徳市双橋区麗正門大街22号

 西柏坡

 石家荘市平山県にある西柏坡は、革命五大聖地の一つとして有名で、松や檜が青々としており、景色が美しいです。もともとは「柏卜」と名付けられ、唐の時代に建てられたものですが、1935年、ある先生が「卜」を「坡」に変えたことで、「西柏坡」という名前が誕生しました。

 解放戦争において、毛沢東と党中央委員会は、中国内外に衝撃を与えた三大戦闘である淮海戦役、平津戦役、遼瀋戦役を指揮し、著名な中国共産党第7期中央委員会第2回全体会議を開催しました。西柏坡の北には青山、東?西?南には柏坡湖に囲まれています。参観記念の同時に、登山、釣り、水泳、ボートなどの娯楽活動を楽しめることができます。

 1970年以降の主な修復物は、毛沢東、朱徳、劉少奇、周恩来、任粥時、董必武の住居、中国共産党第7期中央委員会第2回全体会議会場、中央軍事委員会作戦室旧址、中央委員会政治局会議(9月会議)旧址、中国共産党中央委員会が国民党の和平代表団を迎えた旧址、中国共産党中央委員会が国民党とソ連の和平代表ミコヤンを迎えた旧址、中央機要室旧址、中央機関小学校旧址や防空壕などがあります。

 旧址は西柏坡村の東端に位置し、40戸以上の部屋があります。1955年、崗南ダムの建設に伴い、中国共産党中央部委及び人民解放軍本部の旧址は西柏坡村とともに移転しました。1970年の冬、元の場所から距離にして500メートル、標高にして57メートル高い所に移築されました。今では17カ所が次々と復元され、住宅196棟、建築面積2,760平方メートル、土地16,440平方メートルとなっています。修復の過程では一貫性を重視し、古いものは古いままに修理という原則が貫かれており、基本的には当時の外観が維持されています。室内の陳列は元の形に合わせて配置されており、展示品は主に当時の指導者の事務用品や生活用品です。

 住所:河北省石家荘市平山県西柏坡鎮西柏坡村西柏坡景区内

 白洋淀

 白洋淀は、河北省保定市の東約45キロの安新県に位置し、「華北の明珠」「北の西湖」とも呼ばれる華北地域最大の淡水湖です。『小兵張嘎(少年兵チャン?ガー)』の物語の舞台となった場所であり、国家AAAAA級の観光地でもあります。白洋淀は北方の代表的な湿地として、古来より豊かな産物があることで知られています。それは、鳥の王国であり、魚の楽園であり、多くの種類の水生植物の博物館でもあります。盛夏になると、葦は茎から葉まで鮮やかな緑に輝き、8月になると、白洋淀の蓮の花が満開になり、赤と白、幾重にも重なった蓮の花は、一見しただけではわからず、まるで絵のように美しいです。

 ここには、たくさんの景勝地や史跡があり、多くの皇帝が訪れました。康熙帝水囲行宮、大型プール、ウォータースポーツ公園、野生動物観察エリアなどの景勝地があり、そして民俗のあるいくつかの村も配置されています。

 観光エリアは鴛鴦島民俗文化景区、蓮花観賞景区、生態遊楽景区、休閑娯楽景区、埠頭観光景勝地、民俗村観光景区の6つに分かれています。

 白洋淀の人々は輝かしい革命的な伝統を持っています。抗日戦争中、白洋淀の人は有名な水上遊撃隊「雁翎隊」を設立し、川や湖、港を利用して戦闘を展開し、敵に衝撃を与えました。「雁翎隊」は、芦葦迷宮や荷花盪の中で日本の侵略軍とかくれんぼをして、しばしば侵略軍を撃退していたことから、孫犁に代表される中国文学の「荷花淀派」をも生み出しました。

 住所:河北省保定市安新県旅游東路

 野三坡

 野三坡は、北京から南西に100キロ離れた河北省雷水県の太行山脈と燕山山脈の交差点に位置し、独特の自然景観、純粋な生態環境、独特の古代の歴史的遺物、豊かな民族の習慣があります。1986年観光業を発展させて以来、その独特の魅力で国内外の観光客に愛され、国家地質公園、国家重点風景勝地、国家5A級景勝地、国家森林公園、国家生態観光模範区、国家文化産業模範基地、全国科普教育基地などの称号を獲得しています。

 景勝地の総面積は700平方キロメートルで、百里峡景区、拒馬河景区、魚谷洞泉景区、龍門天関景区、百草畔景区に分かれています。桂林山水の風景に似ている拒馬渓の風景は、幽霊のような形をした峡谷、神秘的で奇妙な奇泉や洞窟、森に囲まれた百草畔などの自然風景だけでなく、古代の板道寺院、完存の平西抗日烈士陵园など、独特の文化的景観と独特の観光資源を持っており、「京畿福地」として知られています。

 住所:河北省保定市雷水県三坡鎮苟各荘村

 清東陵

 清東陵は、河北省唐山市に位置し、中国に現存する規模が最も宏大で、体系が最も完璧な、王室文化、孝行文化、葬儀文化、碑文篆刻、建築芸術を統合して、配置が最も工夫を凝っている皇帝陵墓建築群です。

 清の東陵は順治18年(1661年)に建設され、274年の歳月を経って同治帝の二人の側室は1935年に恵妃园寝に埋葬されました。清東陵の80平方キロメートルの保護区内には、15の墓と580以上の単独建物があり、5人の皇帝、15人の皇后、136人の妃、3人の兄弟、2人の王女、合計161人がここで埋葬されています。その中には、清朝初期の女性政治家で、順治帝?康熙帝を補佐した孝荘文皇后や、「康乾盛世」を作った康熙帝?乾隆帝、清朝末期に垂簾聴政で48年間中国を統治した慈禧太后など、清朝の歴史に重要な影響を与えた人物が多く含まれています。これらの人物はいずれも清朝の歴史の中で重要な役割を果たし、国の運命を左右し、天下に君臨しており、国内外でよく知られています。彼らの墓は意味合いが濃く、非常に高い歴史的価値が持っています。

 住所:河北省唐山市遵化市六盤営村清東陵支線

 白石山

 白石山は世界地質公園であり、国家5A級観光地でもあります。 河北省保定市淶源県城の南側ヘ15キロメートル離れるところに位置し、太行山の最北端にあり、「太行の首」と呼ばれています。

 白石山の植生被覆率は98%で、マイナス酸素イオン濃度が高く、まさに「天然の酸素バー」です。夏の平均気温は21℃で、「天然のエアコン」と呼ばれ、中国でもっとも有名な避暑地のひとつです。

 白石山には、峰林、奇岩、絶壁、峡谷、森林、雲海、仏光、桟道など様々な風景があります。「奇、雄、険、幻、秀」を一体という山の風景の特徴を持つことから、「中国奇山」とも呼ばれています。

 白石山には中国で唯一無二の大理石峰林地形があります。奇峰、奇岩、様々な形があり、自然の魔法のような働きに人々は感嘆のため息をつくしかありません。

 最高峰の仏光頂は海抜2096メートルで、「3つの山、6つの台、9つの谷、81の山」という説があります。黄山に似ていることから、「北方の黄山」とも呼ばれています。

 ご存知の通り、白石山の最も有名な風景は雲海です。独特な地理的位置と気象条件が、世界に知られている素晴らしい雲海を作り出しているのです。山頂に白い雲が巡っているときは、一番幻しい瞬間ですよ!

 ある時は波の海のような雲、またある時は軽やかなシルクが覆われているような雲、まるでおとぎの国にいるような気分にさせてくれます!

 もちろん、この美しい光景は、頂上に立ったときにしか見ることができません。まさにファンタジーの世界にいるようです。

 海抜1600~2100メートルの断崖絶壁に、全長16キロの絶壁空中桟道が設置されました。見上げると刀や斧のような断崖絶壁があり、見下ろすと谷の底は深淵のようです。その間に歩いて、一歩一歩驚くべきという体験です!

 ここに来ると、奇妙な山に登ったり、雲海を楽しんだりできるだけでなく、雲海に浮かぶ幻想的な「天空の城」の気分を味わうことができます。

 白石山の風景は、季節を問わずいつでも美しいです。しかし、夏の白石山は、新たな美しさの高みに達しました。山一面にツツジやライラックが咲き乱れ、群山や奇峰と花が出会うことで、奇峰や怪石、雲海を映し出す「スカイガーデン」を形成しています。

 標高1,600mには「ネイチャー?コーナー?カフェ」があり、TikTokでも話題の観光スポットとなっています。

 崖と見事に調和したカフェでは、コーヒーを飲んだり、お茶を飲んだり、奇峰を眺めたり、雲海を楽しんだりと、まるでユートピアの世界に存在しているかのようです!

 この夏、白石山に来て、独特な大理石峰林を体験し、スリル満点の絶壁桟道を渡り、壮大な雲海を眺め、絶品のコーヒーを味わってみませんか。

 住所:河北省保定市淶源県白石山鎮丰涼溝村

 金山嶺長城

 金山嶺長城は、河北省承徳市滦平県と北京市密雲県の燕山支脈に位置し、東は司馬台長城、古北口長城につながっています。北京、天津、遼寧、モンゴルの4つの省と市の交差点に位置しています。金山嶺長城は国道101号線の133キロ地点に位置し、北京市中心部から130キロ、承徳避暑山荘から90キロ、木蘭囲場から200キロの距離にあり、北京北部の黄金観光ラインの重要な部分を占めています。

 金山嶺長城は明朝洪武元年(公元1368年)から、大将の徐達によって建てられました。隆慶元年(公元1567年)倭寇に抵抗した名将薊鎮総兵隊長戚継光と薊遼総督譚綸は徐達によって建てられた長城を基に延長し、改築しました。

 金山嶺長城は西の古北口から東の望京楼まで、全長10.5キロあり、望楼が67個あり、「烽燧」狼煙台3つと「关隘」関所5つが備えています。広い視野、密集した狼煙台、独特の景観、精巧な建築物、健全な軍事的防衛システムがよく保存されたことで有名です。

 金山嶺長城は海抜700メートルで、北は山が波のように見え、東は司馬台ダムが鏡のように見え、南は密雲ダムが青く輝いています。長城は危険を冒して山の上にあり、山と川の間の浮き沈みがあり、非常に険しい景色が醸成してきました。特に、八達嶺、山海関、嘉峪関の長城に並ぶものがなく、万里の長城で開発されている観光スポットの一つです。金山嶺長城は曲がりくねっていて、視野が広く、狼煙台が密集していて、荘厳な雰囲気があります。長城内外は山に囲まれ、森の海があり、どの季節にも徒歩旅行や写真撮影に適しています。

 住所:河北省承徳市滦平県巴克什営鎮花楼溝村

 媧皇宮

 媧皇宮は、中国古代の女神女媧を祭る中国最大かつ最古の古代建築物であり、北斉文宣帝高洋が鄴城から晋陽に移動して建てた離宮です。この場所はすべての人にとって先祖の神社の一種として扱われています。全国重点文物単位に指定され、中国の国家によってAAAAAの観光名所に選ばれました。

 媧皇宮は長い歴史と豊かな文化を持っています。世界初の壁経群、活楼吊廟、洞窟石刻、煉瓦彫刻などが宗教文化の独特な地域を形成しており、その中でも女媧文化が最も深い影響力を持っています。

 550年から579年の間に、北斉の高氏政権によって山崖洞窟に彫られた経典で、13万字以上の文字が書かれています。一千四百五十年の風と雨、人生の変遷を経歴し今もなお完璧に存在しており、実に珍しいです。

 景勝地は美しい自然景観と深い文化遺産があり、総面積は5平方キロメートルです。入口サービスエリア補天園エリア、補天湖エリア、コア保護エリア、補天谷エリア五つの部分によって構成されます。そこには100以上の人文景観や建築、30以上の歴史遺跡があり、祖先祭祀、文化体験、観光旅行、休閑娯楽が一体となった大規模な総合観光地となっています。

 住所:河北省邯鄲市渉県索堡鎮

 山海関

 山海関は、長い歴史を持つ古代文化都市であり、世界文化遺産である万里の長城のイメージ代表の一つでもあります。

 秦皇島市の東15キロに位置する山海関風景区は、明代の洪武十四年(1381年)に建設され、万里の長城の最東端であり、完全な防御システムを備えた城門であり、かつては歴史上重要な軍事要塞でした。

 山海関は万里の長城の起点であり、「天下第一関」とも呼ばれています。古くからの歴史文化都市であり、有名な観光リゾートが集まり、魅力的な風景と快適な気候を持ち、避暑聖地となっています。主な景観としては、長寿山景区、鳄鱼湖、角山長城、老龍頭、孟姜女廟、孟姜女苑、悬阳洞、燕塞湖などがあります。  

 山海関を訪れる一番の目的は、「天下第一関」と言われる東門「鎮遠楼」を見ることです。門の高さは約13メートルで、2階に分かれており、美しく、荘厳で、塔に登ると、一方は海の青い波、もう一方は曲がりくねった万里の長城で、人々皆は誇りを感じます。建物の西側の軒下には、明代の書道家?肖显が書いた「天下第一関」の扁額があり、力強い筆致で、粛然とした建物とよく調和しています。また、山海関城の近くには、山海関長城に関わる人文歴史、軍事活動、文化遺産などの遺物を展示した長城博物館もあります。

 住所:北京市秦皇島市山海関区龍海大道1号

 広府古城

 広府古城は2,000年以上の歴史を持っています。隋末の農民反乱の指導者である窦建德は、ここに大夏国を建国し、農業と桑を報い、兵士を保有し、戦略的な考慮に基づいて、この町を改修して都市の規模にしました。当初の土城は6里13歩だったが、元朝になって9里13歩(4.5キロに相当)になり、明の嘉靖21年、陳俎知事が9郡の民間労働力を動員して13年で、土城をレンガ城、高さ12メートル、幅8メートル、4つの門には城楼、4つの角には角楼、そして876の城壁を建て、特別に4つの門の外には甕城を建て守り、地下トンネルは閉じられ、堅固で非常にしっかりとしています。

 城は水に囲まれており、自然の風景は非常に壮観で、有名な「平幹八景」はここの風景の真の姿です。稲引千畦、荷香十里、聡山蕴秀、滏水流香、毛家高峰、夕阳晚照、魁閣凌雲、龍潭風雨を含んでいます。歴史上、数え切れないほどの貴族、文人、学者を魅了してきました。

 住所:河北省邯鄲市永年広府鎮広府古城景区(太極城)

 清西陵

 清西陵は、河北省易県に位置し、北京、天津、保定の黄金三角形にあり、総面積は237平方キロメートルです。それは典型的な清王朝の古代建築群です。2000年11月に世界文化遺産に登録され、現在では国内で最初の5A級の景勝地となっています。

 清王朝の西廟は1730年に建てられました。雍正帝、嘉慶帝、道光帝、光緒帝4人の皇帝及び80人以上の側室が埋葬されました。これは、中国で最大級で保存状態が最も良い現存の皇帝陵墓群です。

 清西陵風景区は、西に雲蒙山、北に永寧山、東に金龍峪、南に東西華盖山があり、易水河に囲まれ、4つの美しい生態環境があります。その間、龍河を含む4つの人工湖が中央に点在し、中国華北地域で最大の古代松林景勝地では、森林被覆率は68%に達します。ここの大気環境の質は全国一流の基準に達し、負イオンの含有量は1立方センチメートルあたり10,000と高く、「深呼吸できる天然の酸素バー」として賞賛されています。

 住所:河北省保定市易県112国道【劉一都(実習) 訳】

北京旅游网翻译

おすすめ

太阳城官方网址|お問い合わせ?ヘルプ

Copyright@2002-2021 www.visitbeijing.com.cn,All Rights Reserved

网站地图 彩虹时时彩官网登入 众彩开户登入 至尊彩票纸登入
申博怎么注册 申博开户帐号 太阳城线路检测 澳门网上正规赌场
金福彩票官网娱乐 彩天堂加拿大28 申搏官网sunbet登入 四季彩如何开户登入
万家彩票网手机版登入 乐博现金彩票游戏网站登入 9号彩票登录网址登入 彩至尊.com登入
彩虹彩票平台登入 万家彩票app下载登入 众彩注册登入 彩票至尊.登入
199TGP.COM 978jbs.com 508XTD.COM DC785.COM 588XTD.COM
537SUN.COM 868XTD.COM 115sj.com 131ib.com 1188DZ.COM
878XTD.COM 588TGP.COM 1113898.COM 297PT.COM 33TGP.COM
986XTD.COM 77TGP.COM 1112997.COM 984XTD.COM 87s8.com